カワセミ

カワセミ

久しぶりのご対面(7.02_2020)

突然カップルでやって来ました。
この後上の雄が雌の周りを何時もと違う
動きで飛んでいました。
カップリングの時も妙な飛び方でしたが・・・。
口を開けて鳴いている様ですが、
声は聞こえません。
カワセミ

雄と思われる方は下流の大きな木へ、
雌の方は一度飛び込んで上流の方に。
カワセミ

上流に向かって一直線。
カワセミ

木にいる方のホバリングを狙っていましたが、
そのまま飛び込んでました。
カワセミ

撮影出来ない日が数度続きました。
この最近この周辺で活動をしてくれません。
梅雨でも終われば考えましょうか・・・
カワセミ

雛のホバリング(6.23_2020)

暫くホバリングしていたので撮影出来ましたが、
いつもより感度を上げているので
若干ザラついています。
カワセミ

左を見ながら、余裕ですね。
カワセミ

左右の翼を広げて、十字懸垂。
カワセミ

飛び込みはせずに一直線。
カワセミ

止まり木へ、すぐに母親がやって来ました。
ホバリングをしていたのは、雛の方でした。
最近まで止まり木に止る時もバタバタして
いましたが、進歩しています。
カワセミ

遠くの対岸でのホバリング(6.16_2020)

一度目は早めに終了したので間に合わず
残念でしたが、二度目に撮れました。
カワセミ

ここの主と思いますが、
翼が可哀そうな事になってます。
飛び込まずに木に帰って行きました。
カワセミ

眼の前の枝に何かが止まっています。
雛がいますが親と違い色が地味なので
ちょっと見ただけではカワセミと気づかないかも。
飛び込みもせずに対岸の葦に止まりましたが、
4,5回バタバタしてました。
一丁前に空を見て警戒を怠りません。
カワセミ

対岸から戻って来ました。
カルガモの親子の写真の左側の枝に止まる時に
バタバタしてました。
しばらく見ないので心配でしていましたが、
安心しました。
カワセミ

黒をバックのホバリング(6.10_2020)

上にいるのがここの主の雌で下の方が雄の居候。 2匹一緒はペアリングの時以来です。
タイトルとURLをコピーしました